長年住んでいた家を売却しました

戸建ての家に住んでいたのですが、新しく賃貸マンションに引っ越しをする事にしたので、売却することにしました。初めての売却だったので、わからない事だらけでしたが、相談した不動産会社の方が良い方でしたので、様々なアドバイスをくれました。

 

高く売却するためには家の中の整理をして内覧時に印象を良くしたほうが良い事や荷物は出来るだけ外に出しておくと家が広く見えるので、印象が良くなることなど、細かいアドバイスもたくさんもらうことが出来て良かったです。

 

実際に家の売却手続きを行うと内覧希望の方から問い合わせが多くあり、不動産会社のアドバイスに従って行動した所、直ぐに家を高額で売却することが出来ました。家を買ってくれた方も直ぐに気に入ってくれて、はやく住みたいと言ってくれたので、嬉しかったです。

 

購入を決めた理由を聞くと家が広く見えるので、生活をするのに便利だと感じてくれたそうでした。元々荷物が多く合ったので、不動産会社のアドバイスがなければ、購入してもらうことができなかったかもしれません。

 

荷物をきちんと外に出して見栄えを良くしておいたおかげだと感じました。売却にはコツがある事が勉強できたので、今回は非常に助かりました。

家を売却した経緯と信頼できる不動産会社との出会い

十年以上住んでいた一戸建てを売却することにしました。まだローンが半分程度残っていたのですが、中古マンションを購入した上でローンを全てなくすことに決めました。

 

家を売却するにあたって最も大切だと思ったのは、信頼できる不動産会社を見つけることです。私の場合は以前から知っている不動産会社があり両親がそこでお世話になっていたので、迷わず決めることができました。

 

自宅の売却は必ずしも自分の都合通りに進むわけではなく、売却に出してもなかなか売れないことがあり、私の場合もそうでした。購入希望者の内覧もたくさんあって早く売れるのではないかと思ったのですが、意外になかなか売れずに時間が経っていきました。

 

一瞬不安になったのですが、より条件のいい買手を探してくれていたようで、そのために時間がかかったのだと思います。当初の価格よりは若干低い価格での売却になったのですが、私にとって十分納得のいく価格であり、不動産会社の方も誠実で全てお任せして特に問題もなく売却は完了しました。

 

次の住居についても条件のいいマンションを探してくれたので、それも助かりました。疑問や不安が生じた時には不動産会社の担当者に質問をして気持ちが安心しましたので、それも大切なことだと思います。

家売却をした体験談

家庭の事情により親と同居することになり、実家に二世帯住宅を建てることになったため、8年住んでいた自宅を売却することにしました。

 

不動産の売却については右も左もわからない状態だったので、地元に店舗のある不動産業者をいくつか周り、まずは売却について相談させてもらい、その後それぞれに査定をしてもらうことにしました。最終的には3社に査定をしてもらいましたが、大体どこも同じぐらいの価格ではありましたが多少は幅がありました。

 

複数社にお願いできる一般媒介契約でも良かったのですが、我が家の場合は一番信頼できそうな営業さんがいた不動産屋と専任媒介契約をして買取希望者を探してもらうことにしました。

 

割と需要のある地域ということもあり、探し始めてから1か月ほどで購入希望者が現れてくれました。広告を出してから内見に来たのは7名ほどで、中には金額交渉まで進んだ人もいましたが折り合いがつかず、8人目の内見者で決まりました。

 

その後は売買契約の締結、手付金の授受、そして代金回収という流れとなりましたが、全て不動産屋主導で言われるがままに書類を集めて動くだけだったので、知識はありませんでしたが全く問題なく売却手続きを終えることができました。大きな金額が左右することなので、信頼できる業者選びが最も重要だと感じました。

関連サイト